肝炎

肝炎とは

肝炎の原因はウイルス感染が80%です。

肝炎とは、肝臓に炎症が起こり、肝細胞が壊されていく病気です。その原因には、ウイルス、アルコール、自己免疫、薬物耐性などがありますが、日本では肝炎の多くが「ウイルス性肝炎」といわれています。肝炎ウイルスで問題となるのは、慢性化しやすいB型とC型の肝炎ウイルスです。

B型肝炎とは

C型肝炎とは

日本人の100人に1人が感染

日本には慢性肝炎ウイルス感染者が150~200万人いると推測されています。しかし、医療機関で何らかの治療を受けている人は50万人ほどにすぎません。残りの100~150万人は感染の自覚がなく、ウイルス検査も受けていない人が多いといわれています。厚生労働省が平成14年から市町村の住民健診に肝炎ウイルス検診を加えたところ、1年間で新たに3万人のC型肝炎ウイルス感染者が発見されています。

 

肝炎セルフチェック

こんな方は検査をおすすめします。

あてはまる項目をチェックしてみましょう。

□これまでにウイルス性肝炎の検査を受けたことがない
□刺青やボディーピアスをしたことがある
□お酒を飲むことが好きでほぼ毎日飲んでいる
□不規則な食生活になりがちである
□中年太り、メタボの心配がある
□生まれた年が1986年(昭和61年)より前である
□大きな手術や出産時、外傷等で大量の出血をしたことがある
□1992年(平成4年)以前に輸血歴がある
□身内に肝臓病の人がいる
□健康診断で脂肪肝など、肝機能検査の異常を指摘されたことがある
□最近、微熱や倦怠感が続いている
□最近、食欲不振である

 

看護師・准看護師募集