肝炎

C型肝炎とは

 輸血などによって、血液と一緒にC型肝炎ウイルスが体内に入り、感染します。

多くは症状が出ない無症候性キャリアという状態で、感染に気づかずにいます。

このうち約3割は、いずれ肝炎を起こしてウイルスは排除されます。

しかし、残りの7割は、ウイルスを排除しきれないで慢性肝炎となり、肝硬変、肝がんへの道をたどります。

C型肝炎の感染経路

 血液を介して感染します。主に、不衛生なピアスの穴開け、入れ墨、注射の回し打ちなど器具の共用が原因となります。

針刺し事故、感染した血液への接触などの医療事故からも感染します。

C型肝炎の検査

C型肝炎ウイルスの有無は、血液検査(HCV抗体検査)で調べます。

☞C型肝炎の検査について、詳しくはこちら

C型肝炎の治療

C型肝炎ウイルスは治療で消すことができる時代になりました。

いしい内科・糖尿病クリニックでは、飲み薬によるC型肝炎の治療を行っています。

☞C型肝炎の治療について、詳しくはこちら

看護師・准看護師募集