肝炎

C型肝炎とは

C型肝炎の経過

C型肝炎とは|いしい内科・糖尿病クリニック|岩手県盛岡市

いしい内科・糖尿病クリニックでは、C型肝炎の検査・治療を積極的に行っています。

C型肝炎の感染経路

 輸血などによって、血液と一緒にC型肝炎ウイルスが体内に入り、感染します。他に、不衛生なピアスの穴開け、入れ墨、注射の回し打ちなど器具の共用が原因となります。

☞C型肝炎の感染経路について、詳しくはこちら

C型肝炎の経過

C型肝炎の経過

多くは症状がなく、感染に気づかずにいます(無症候性キャリア)。

このうち約3割は、いずれ肝炎を起こしてウイルスは排除されます。

しかし、残りの7割は、ウイルスを排除しきれないで慢性肝炎となり、肝硬変、肝がんへの道をたどります。

C型肝炎は、いったん慢性化すると自然に治ることはほとんどありません。ウイルスを排除しないままでいると、肝硬変や肝がんへと進行する可能性があります。しかし、ほとんど自覚症状がないまま進行するため、あまり深刻に考えない患者さんもいらっしゃいます。

☞肝臓に問題があるときの症状について、詳しくはこちら

C型肝炎の検査

C型肝炎ウイルスの有無は、血液検査(HCV抗体検査)で調べます。HCV抗体陽性の場合、HCV-RNAの検査で現在も感染しているか、過去の感染なのかを調べます。

C型肝炎ウイルスの感染の検査

☞C型肝炎の検査について、詳しくはこちら

C型肝炎の治療

C型肝炎ウイルスは治療で排除することができる時代になりました。

いしい内科・糖尿病クリニックでは、飲み薬(インターフェロンフリー治療)によるC型肝炎の治療を行っています。

☞C型肝炎の治療について、詳しくはこちら

肝がんの発症率は、高齢になるほど高くなるため、抗ウイルス療法はできるだけ早期に開始することが重要となります。

これまで抗ウイルス療法の中心であったインターフェロンによる治療は、身体への負担も大きく、治療に踏み切れない患者さんも少なくありませんでした。現在では治療の進歩により、飲み薬のみの治療で高率にウイルスの排除が可能となり、患者さんへの負担も減っています。

  初めて受診する方へ  
盛岡バスセンター近くの肝臓内科|いしい内科・糖尿病クリニック

C型肝炎の経過

C型肝炎の経過

多くは症状がなく、感染に気づかずにいます(無症候性キャリア)。

このうち約3割は、いずれ肝炎を起こしてウイルスは排除されます。

しかし、残りの7割は、ウイルスを排除しきれないで慢性肝炎となり、肝硬変、肝がんへの道をたどります。

C型肝炎は、いったん慢性化すると自然に治ることはほとんどありません。ウイルスを排除しないままでいると、肝硬変や肝がんへと進行する可能性があります。しかし、ほとんど自覚症状がないまま進行するため、あまり深刻に考えない患者さんもいらっしゃいます。

☞肝臓に問題があるときの症状について、詳しくはこちら

C型肝炎の検査

C型肝炎ウイルスの有無は、血液検査(HCV抗体検査)で調べます。HCV抗体陽性の場合、HCV-RNAの検査で現在も感染しているか、過去の感染なのかを調べます。

C型肝炎ウイルスの感染の検査

☞C型肝炎の検査について、詳しくはこちら

C型肝炎の治療

C型肝炎ウイルスは治療で排除することができる時代になりました。

いしい内科・糖尿病クリニックでは、飲み薬(インターフェロンフリー治療)によるC型肝炎の治療を行っています。

☞C型肝炎の治療について、詳しくはこちら

肝がんの発症率は、高齢になるほど高くなるため、抗ウイルス療法はできるだけ早期に開始することが重要となります。

これまで抗ウイルス療法の中心であったインターフェロンによる治療は、身体への負担も大きく、治療に踏み切れない患者さんも少なくありませんでした。現在では治療の進歩により、飲み薬のみの治療で高率にウイルスの排除が可能となり、患者さんへの負担も減っています。

  初めて受診する方へ  
盛岡バスセンター近くの肝臓内科|いしい内科・糖尿病クリニック