肝炎

B型肝炎とは

B型肝炎とは|いしい内科・糖尿病クリニック|岩手県盛岡市

B型肝炎とは

B型肝炎ウイルスは、全世界で、約3億5,000万人が感染しているといわれ、そのうち日本では、約130~150万人(およそ100人に1人)が感染していると推定されています。

B型肝炎ウイルス(HBV)は肝臓に感染して炎症(肝炎)を起こします。

B型肝炎ウイルス(HBV)は、感染した時期や健康状態によって、一時的な感染に終わるもの(一過性感染)と、ほぼ生涯にわたり感染が持続するもの(持続感染)とに大別されます。

肝炎が持続すると慢性肝炎から肝硬変、さらには肝がん(肝細胞癌)へと進展する可能性があります。

B型肝炎の感染経路

 主に血液や体液を介して感染するB型肝炎ウイルス。感染経路は母子感染による「垂直感染」と性的接触や輸血、臓器移植、針刺し事故などによる「水平感染」の2種類があります。

日本における成人の急性B型肝炎の多くは、性感染によるものと考えられています。

☞B型肝炎の感染経路について、詳しくはこちら

B型肝炎の検査

B型肝炎ウイルスの有無は、HBs抗原検査を調べます。

B型肝炎ウイルス感染の検査「

☞B型肝炎の検査について、詳しくはこちら

急性肝炎

感染してから1~6カ月の潜伏期を経て、全身倦怠感や食欲不振、悪心、嘔吐のほか、濃いウーロン茶のような褐色尿が出る、目の白い部分(眼球結膜)が黄色くなって、その後皮膚も黄色味を帯びてくる黄疸などの症状が出現します。

中には、激しい炎症による肝不全、いわゆる劇症肝炎を起こすこともありますので、このような症状があれば、速やかに医療機関を受診する必要があります。

※肝不全の状態であれば、岩手医科大学・肝臓内科に紹介いたします。

B型肝炎の治療

B型肝炎の治療は、核酸アナログ(飲み薬)による治療と、インターフェロン(注射薬)がありますが、いしい内科・糖尿病クリニックでは、核酸アナログ(飲み薬)による治療を行っています。

☞B型肝炎の治療について、詳しくはこちら

B型肝炎ウイルス(HBV)再活性化

非活動性キャリアを経過して寛解した状態であっても、抗がん剤や免疫抑制剤などの治療により、血液や肝臓の中でB型肝炎ウイルスが再び増える場合があります。B型肝炎ウイルス再活性化に気づかず抗がん剤や免疫抑制剤などの治療を続けてしまい、急性肝炎を発症して劇症化する場合があるので注意が必要です。

B型肝炎キャリアや既感染者で抗がん剤・免疫抑制剤の治療を受ける方は、月1回のHBV DNA検査をおすすめします。

肝炎ウイルス検診

いしい内科・糖尿病クリニックは肝臓内科も専門としています