肝炎

B型肝炎とは

B型肝炎とは

B型肝炎ウイルスは、全世界で、約3億5,000万人が感染しているといわれ、そのうち日本では、約130~150万人(およそ100人に1人)が感染していると推定されています。

B型肝炎ウイルス(HBV)は肝臓に感染して炎症(肝炎)を起こします。肝炎が持続すると慢性肝炎から肝硬変、さらには肝がん(肝細胞癌)へと進展する可能性があります。

B型肝炎の感染経路

 主に血液や体液を介して感染するB型肝炎ウイルス。感染経路は母子感染による「垂直感染」と性的接触や輸血、臓器移植、針刺し事故などによる「水平感染」の2種類があります。

☞B型肝炎の感染経路について、詳しくはこちら

B型肝炎の検査

B型肝炎ウイルスの有無は、HBs抗原検査を調べます。

B型肝炎ウイルス感染の検査「

☞B型肝炎の検査について、詳しくはこちら

B型肝炎の治療

B型肝炎の治療は、核酸アナログ(飲み薬)による治療と、インターフェロン(注射薬)がありますが、いしい内科・糖尿病クリニックでは、核酸アナログ(飲み薬)による治療を行っています。

☞B型肝炎の治療について、詳しくはこちら

看護師・准看護師募集