未分類

アルコール性肝疾患

アルコール性肝障害とは

アルコール性肝障害とは、長期にわたる過剰の飲酒が原因で、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんなどの病気を引き起こすものです。

※過剰な飲酒とは、1日に純エタノールに換算して60g以上の飲酒(常習飲酒家)をいいます。

アルコール依存症の診断、治療においては、精神科医師との連携が必要となります。

いしい内科・糖尿病クリニックでは、近隣の精神科クリニックまたは病院に紹介し、連携して治療を進めていきます。

各種アルコールの換算量

種類 アルコール度数 アルコール換算量
ビール 500ml 5% 20g
日本酒 1合180ml 15% 22g
焼酎 1合180ml 35% 50g
ワイン(1杯) 120ml 12% 12g
ウイスキー ダブル60ml 43% 20g
ブランデー  ダブル60ml 43% 20g

アルコール性肝障害の治療

アルコール性肝障害の治療の基本は断酒に尽きます。

看護師・准看護師募集