未分類

肝臓はどのような働きをしているのですか?

肝臓の働きについて

肝臓はどのような働きをしているのですか?|いしい内科・糖尿病クリニック|岩手県盛岡市

「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓についての基礎知識をご紹介しています。

そもそも肝臓はどこにあって、どのような機能を果たしているか、分かりやすく解説します。

肝臓の位置

肝臓はお腹の右上にある臓器です。

体重の約1/50の重さがあり(約1200g~1500g)、人間の体の中で最大の臓器です。
肝臓には500以上の働きがあるといわれています。肝臓が元気に働くことが、ヒトが健康に生活するために大切です。

肝臓には次のような働きがあります

肝臓には、主に3つの機能があります。

体内にある化学工場」ともいわれる肝臓には、私たちの生命活動に不可欠な「代謝」、「解毒」、「胆汁の生成」という重要な3つの働きがあります。

代謝は、私たちが食べて胃や腸で吸収された栄養素を分解し体の各部位が使いやすいようにさまざまな物質に再合成することです。

解毒は、体内に入ってきたアルコールや体内で発生するアンモニアなどの有害物質を分解・無害化して、体外への排泄を促します。

胆汁の生成は、胆汁という消化液を生成し、十二指腸へ送り出すことです。胆汁は、脂肪を分解するとともに、ビタミンAやEなどの脂溶性ビタミンの吸収に欠かせない消化液です。

  • 栄養分を作ったり、蓄えたり、成分を変える
  • 薬やアルコールの成分を代謝して、毒物を解毒する
  • 出血を止めるための血液のたんぱく質をつくる
  • 消化に関わる胆汁をつくって胆管へ分泌する
  • ウイルスや細菌などからからだを守る

 

肝臓内科

 

盛岡バスセンター近くの肝臓内科|いしい内科・糖尿病クリニック