医療費助成

肝がん・重度肝硬変の入院医療費助成制度

肝がん・重度肝硬変の入院医療費助成制度|いしい内科・糖尿病クリニック|岩手県盛岡市

B型・C型肝炎ウイルスが原因の「肝がん」や「重度肝硬変」で入院した場合には、医療費の助成が受けられます。

この制度は、B型・C型肝炎ウイルスによる肝がん・重度肝硬変の入院治療にかかる医療費の一部を助成するとともに、肝がん・重度肝硬変の治療研究を促進するための制度です。

対象者

以下のすべての条件を満たしている方
・肝がん・重度肝硬変と診断され入院治療を受けている。
・世帯年収が概ね370万円以下
・肝がん・重度肝硬変の治療に協力していただける

肝がん・重度肝硬変の診断・認定基準

・ウイルス性肝炎(B型およびC型)であることの認定
・肝がんであることの認定
・重度肝硬変(非代償性肝硬変)であることの診断・認定
①Child-Pugh score 7点以上
②「重度肝硬変(非代償性肝硬変)の医療行為」または「重度肝硬変(非代償性肝硬変)治療の医療行為と判断する薬剤等」のいずれかの治療歴を有する。

重度肝硬変(非代償性肝硬変)の医療行為と判断する薬剤等

(1)肝性浮腫・腹水治療薬(利尿薬)

肝性浮腫あるいは腹水、難治性腹水等の病名を有し、かつ、下記薬剤を投与している場合には、重度肝硬変(非代償性肝硬変)の対象医療と判断する。
・バゾプレッシン受容体拮抗薬
・ループ系利尿薬
・カリウム保持性利尿薬

(2)肝性脳症治療薬

肝性脳症の病名を有し、効能または効果として「慢性肝障害時における脳症の改善」を有する薬剤による治療が実施されている場合には、重度肝硬変(非代償性肝硬変)の対象医療と判断する。

 

肝臓内科

 

いしい内科・糖尿病クリニックは肝臓内科を専門としています